げなげな ふるさと情報

福岡市西区周船寺で営む印刷会社、松古堂印刷です。 「~げな」とは糸島弁で「~らしい…」という意。 地域密着型企業ならではの近辺の情報を「げなげな」話として紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業の神様「宮崎安貞」

宮崎安貞という人物をご存知ですか?
農業の神様と謳われた人物で、その書斎は今もなお、福岡市西区女原に、周船寺最古の建物として保管してあります。

 宮崎安貞翁は、今から360年以上前、元和9年安芸の国広島に生まれました。
 父は、宮崎儀右ェ門という浅野藩主で、200石食み山林奉公を勤め、安貞はその次男でした。翁は25才のとき、福岡藩主黒田忠之に200石で召し抱えられたが、やがて官を辞し、九州を始め山陽道、近畿、伊勢、紀州の諸国を巡歴し、各地の老農を訪ね、その経験を聞いて種芸を学び農の集成と研究を積みました。志摩郡女原に帰ってからは、一農民となって自ら鋤鍬をとり、周りの人々と辛酸を共にしながら農事改良と、農民生活の向上に心魂を傾けました。

 翁はこの体験を基礎とし、さらに中国の農書を参考に筆をとり、艱難を乗り越えてわが国の農学樹立に情熱を傾け、元録9年ついに不朽の名著「農業全書」をあらわす偉業を達成しました。

 翁は62才のときに再び黒田藩に迎えられ、儒学者貝原益軒やその兄楽軒とも親交を結びました。農業全書の序文は益軒が筆をとり、楽軒は第11巻を捕冊し、出版あっせんの労をとりました。この全書は戸藩主徳川光圀も読破し、農事に欠くことのできない農書だと激賞したそうです。

 安貞翁は殖産事業にも力を尽くし、私財をなげうって荒地を開墾し、風防の植林や貯水池づくりに努めました。宮崎開(びらき)と呼ばれている6.5ヘクタール余の田畑はその遺業ですが、元禄10年7月23日、全書の発行を待たず75才で求道者のような生涯を閉じました。遺骨は女原村小松に葬られました。

 周船寺小学校の校歌に「徳だ誠だ宮崎開」と歌われ、元岡中学校の校歌にも「宮崎開に風薫る」とあります。元岡中学校の校章は宮崎家の紋章をとり入れた「田鶴」です。
 糸島農業高校は戦後昭和24年8月から昭和30年3月迄の間「宮崎高等学校」と改名された時代がありました。これは安貞翁の業績が農学校の基本教育に尊重されたものと言われ、その頃の時代相を反映したものといわれています。

 また、周船寺音頭の中にも「安貞全書の筆の跡」と歌われています。
(す21かわら版第6号より)

 

JR学研都市駅の南側が、「宮崎開き」の地にあたり、現在農地ではなくなっています。
地元の方は碑を建立し、その偉業を後世に残そうとされています。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。