げなげな ふるさと情報

福岡市西区周船寺で営む印刷会社、松古堂印刷です。 「~げな」とは糸島弁で「~らしい…」という意。 地域密着型企業ならではの近辺の情報を「げなげな」話として紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙のサイズA判・B判

パソコンが普及し、規格のカット紙を購入する機会も増えてきました。
A4とかB5のサイズ。そもそもAとかBって何でしょう?


どちらもJIS規格で定めた紙の仕上サイズのことです。
A列は国際規格ですが、もともとドイツの規格でA0の大きさを面積1㎡、縦横比を1:√2と定めたもの。つまり1189㎜×841㎜の大きさです。このA0(A倍判)を半分に切ったサイズ594㎜×841㎜をA1(A全判)としてさらに半分にするとA2となります。図にすると…
紙のサイズ図


B列は日本独自のJIS規格で、江戸時代の美濃紙を基準に作られています。
B1(728×1030)を基準とすること以外はA判と同じ仕様です。
つまりB4サイズ(257×364)はB1の1/8の大きさで縦横比は1:√2。
面積はA判の1.5倍となります。


官公庁がB列を使用していた為、以前はB5、B4サイズが主流でしたが、グローバルスタンダードへの動き(?)なのでしょうか…今日では、A列を標準と定めている為、A4サイズが主流となっているようです。


個人的にはB5サイズだとチョット小さいのでA4サイズが丁度いい。
だけど、A4サイズに書ききれないときは、A3だと大きすぎるのでB4サイズ1枚にまとめたい…って感じでしょうか?


新聞に折り込むチラシのサイズはB4がぴったりですし、
「A・B判ともケースバイケースで使い分ける」
これがまさに日本的なキメ細かさのような気もします。


ただ、いろんな規格が混在するとファイリングには苦労しますよね。
大きなポスターを作りたいときは、手元にあるA4サイズの紙を並べてみて、4枚分(A2)の大きさとか、8枚分(A1)の大きさというようにすると、現物の大きさがわかってイメージがわきやすいですよ。


(ペンネーム:だんぺいくん)

スポンサーサイト

印刷用紙はkgで表す!!

紙を選ぶポイントの1つに「厚み」があります。
皆さんは、「これよりもう少し厚い方がいい」とか
「ちょっと厚いからもう少し薄い紙で…」といった表現をされていると思います。


そこで今回は紙の厚みの話です。


一般に使用する紙の厚みはμm(マイクロメーター)単位の薄さです。
これではピンとこないですよね。
そこで1000枚(これを1連(れん)といいます)の重さで表します。


例えば、四六判(※1)55kgの紙は、788mm×1091mmの大きさの紙が1000枚で55kgあるということです。
この厚みは皆さんが使われているコピー用紙より少し薄めの感じの紙です。


印刷を頼む機会があれば「この紙は何キロですか?」って聞いてみると面白いかも…。
きっとこれを聞いた印刷会社の人は「この人は素人じゃないな…」って思うかもしれません。


(※1)紙の仕上サイズ
   A判(594mm×841mm)
   B判(728mm×1030mm) 等々、多種あります。


(ペンネーム:だんぺいくん)

暑中見舞いはがきはいつ出すの?

最近、暑中見舞いはがきをほとんど目にすることがなくなりました。


子どもの頃は夏休みになると早速はがきを買ってもらい、親しい人へはがきを出していたものです。


今年の夏は例年以上の異常気象と言われております。梅雨入りしたかと思えば雨が降らず、雨が降ったかと思えば異常なまでの大雨。おかげで川は氾濫し、各地で水災害が発生。台風に地震と毎日自然の威力に驚かされています。


こんな不安な気象だからこそ、大切な方へのごあいさつや近況報告に、今年ははがきを一筆したためてみてはいかがでしょうか?


暑中見舞いはがき  梅雨明けから立秋の間に
残暑見舞いはがき  立秋から8月末くらいの間に

西区の花をご存知ですか?

福岡市西区では緑あふれる町を目指して「西区の花」を制定しているそうです。


西区の花 春

春:ポピー
中国では、絶世の美女「虞妃(ぐき)」のお墓に咲いたことから「虞美人草」といわれているそうです。そのため、花言葉は「慰め」「恋の予感」など女性らしい言葉が添えられています。きっと可憐な人物だったのでしょうね。
西区の花としては、ポピーの中でも、西区の色であるオレンジ色の花がイメージされているそうです。
西区の花 夏
夏:ハマヒルガオ
浜で昼に咲くから「ハマヒルガオ」というんだそうです。その名のとおり、暑い夏の日にさわやかな風を感じるお花ですね。花言葉は「絆」「優しい愛情」など。なんとなく「絆」と聞くと、固いとか強いとかいうイメージをもっていましたが、「優しい愛情」が「絆」を生むのですね。
西区の花 秋
秋:リコリス
赤い彼岸花は有名ですが、リコリスは同じ彼岸花の白いお花です。花言葉は「悲しき思い出」「深い思いやり」「追想」などだそうです。なんてしんみりする言葉だろうと思ったのですが、実はリコリスに「悲しき思い出」を語りかけるとその「深い思いやり」により心が穏やかになるという風にもいわれているそうです。

西区の花 冬

 

冬:クリスマスローズ
きれいな名前ですよね。バラの花に似ていてクリスマスの時期に咲くことでつけられた名前だそうです。花言葉は「私の心を慰めてください」。その昔、イエスキリストの誕生を祝い、羊飼いの貧しい娘が贈り物をしたいと考えお花を探しました。しかし、あたりは一面の雪景色。途方にくれていると天使が現れ雪を払い、その奥に咲く真っ白いクリスマスローズを手渡してくれたそうです。娘は急いでイエスの元へ向かいその花を差し出すと、イエスはその美しさを賞賛し、その賞賛ぶりを感じたクリスマスローズは恥ずかしさでうつむき、その花びらをうっすらと赤らめた、という言い伝えを持っています。

どの花も西区の町を「優しさ」と「思いやり」でいっぱいにしてくれそうなお花です。


 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。