げなげな ふるさと情報

福岡市西区周船寺で営む印刷会社、松古堂印刷です。 「~げな」とは糸島弁で「~らしい…」という意。 地域密着型企業ならではの近辺の情報を「げなげな」話として紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルンと彫刻の調べ

 ホルンと彫刻の調べ  ~<Dialogue>観る・聴く・触れる~

 10月30日(日)末永文化センター大ホール(城南区七隈)にて開催されます。
 日本彫刻会会員の片山博詞氏は'06年福岡市美術館にて“触れて観賞する彫刻展”を開催されるなど、現在もっとも注目されている彫刻家の一人です。
 また、NHK交響楽団のホルン奏者日剛氏は、演奏活動のみならず、東京藝術大学他での講師も務められるなど、後進の育成にも力を注がれています。
 その他、大室晃子氏のピアノも含め『ホルンと彫刻で時間と空間の『一体化を試み、新しい空間の創造を目指すコラボレーション!』が・・・。
 秋の黄昏時に、素敵な時間をお過しください。
 お問合せは、弊社営業 児玉まで。

ホルンと彫刻の調べ
スポンサーサイト

魚ツウなら見逃せない!! 旬情報

「メシロ」って魚知ってますか? 

皆さんは“メシロ”って魚の名前を聞いたことありますか?近所のスーパーや魚屋では、まず並ぶことのない馴染みのない魚・・・。そして、ごく一部の限られた料理屋でしか取り扱われない珍しい魚・・・。メシロとは、そんな希少価値の高い“幻の魚”です!
 この魚、フエフキダイ科の魚で、標準和名をメイチダイと言います。
 実はこのメシロ、ただ単に珍しい魚というだけでなく一部の魚好きに絶大な支持を得ているほど味が絶品なのです!!
 普段は500m以上の深海に生息していますが、8~9月頃産卵のたね浅場に出てきます。平戸や五島の漁師達はそれを狙ってここぞと定めたポイントに定置網を仕掛けるそうです。この短いたった2ヶ月間がメシロを捕えるチャンスというわけです!まさに幻の魚と呼ばれる所以です。当然、メシロを味わえるのも比較的漁があるこの8~9月に限られます。
 糸島で唯一、メシロが味わえる加布里の魚料理専門店マルタ活魚の店主田中さんは「白身で歯ごたえ抜群!今は脂も乗ってるから刺身はもちろん、塩焼きでも煮付けでもとにかくうまいよ!!」とベタ誉めです。
 以前、テレビのニュースでも取りあげられたことがあり、その美味しさは折り紙付き!この魚が食べたくてわざわざ遠方より来店される方もいらっしゃるとか。
 マルタ活魚では1尾買い(約8,000~9,000円/1尾・4~5人分)にて、ご要望の料理に調理してもらえます。とにかく入荷が少ない魚ですので、お出掛けの際は必ずお電話してご確認ください。
※マルタ活魚では、その他“旬の天然魚”をいろいろご提供されてます!
マルタ活魚 糸島市加布里港入口 TEL 092-324-2401
 “魚ツウなら一度は食べる価値あり!”という旬な話でした。


メシロ

まるごと博物館in小戸2011

 今回は「まるごと博物館in小戸2011」の紹介です。
 ご存知の方もいらっしゃるとおもいますが、西区小戸公園で、西区の自然や歴史の魅力、豊かな産物、伝統芸能、地域の活動団体の紹介などが行われます。
 ポスターにも載ってますように親子手づくり教室(竹細工や勾玉づくり)などもやっていますので、ぜひ家族で参加されても楽しめると思いますよ。
 もちろん、地元物産・特売品販売・飲食コーナーもあります。
※お宝探しウォークラリーに参加すると素敵な景品がもらえるよ!!


まるごと2011

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。