FC2ブログ

げなげな ふるさと情報

福岡市西区周船寺で営む印刷会社、松古堂印刷です。 「~げな」とは糸島弁で「~らしい…」という意。 地域密着型企業ならではの近辺の情報を「げなげな」話として紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山と温泉と乾杯の旅【第3話】 [乾杯]

黒髪山・武雄温泉の次は佐賀県小城市にある鯉料理。
全国名水百選の一つ清水川の上流にある清水の滝は、高さ75メートル、幅13メートルの清流が垂直に流れ落ちます。別名「珠簾(たますだ れ)の滝」とも呼ばれ、滝のそばには名水にさらしたコイ料理店が軒を連ねています。夏季には避暑に訪れる人でにぎわい小城の奥座敷として評判をよんでいる。
明治時代ごろから旅館業にあわせて鯉料理が始まったらしい。約130年の歴史がある。天気も絶好調で、2階の座敷の戸を開くと滝の音とせせらぎの音が涼しさを感じさせらせる。なかなか風情たっぷりだ。
鯉のあらいが運ばれると、まず鯉の皮をいただいて(これが絶品)あらいをキャベツのみじん切りと合わせ店独自の酢味噌だれと胡椒をお好みでいただく。ビール2本を飲むと酒のヌル燗を飲んだ実にうまい。たっぷり呑みたかったが控えめにしてご馳走さんをした。3点セットが無事終了。呑まなかったM君が運転を担当、無事帰った。

次回の山登りは祖母山(1756.4m)を予定している。御嶽山が噴火したあとなので常に危険と向き合っていることを肝に命じ決行します。山の仲間として被災された方に心よりお悔み申し上げます。
さて、祖母山は大分と宮崎の境界をなし、一部は熊本県にもかかる祖母・傾(かたむき)国定公園の盟主として颯爽とそびえ立っている。骨太のたくましい山体、濃密な自然林とそそり立つ岩峰、深奥な渓谷と清冽な流れなど、豊かな自然が息づいている。(「山と渓谷社の43大分県の山より」引用)九州ではこの山群だけにいる特別天然記念物のニホンカモシカにも合えるかも知れない興味深い山だ。コースは神原コース・尾平コースなどいくつかあるようだが、我々は北谷コースから登る予定だ。

次回お楽しみ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoukodou.blog111.fc2.com/tb.php/110-5f3139b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2014/10/24(金) 08:59:54 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。