FC2ブログ

げなげな ふるさと情報

福岡市西区周船寺で営む印刷会社、松古堂印刷です。 「~げな」とは糸島弁で「~らしい…」という意。 地域密着型企業ならではの近辺の情報を「げなげな」話として紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖母山神原コース別名沢登コース 9合目の鍋料理は絶品だった。

九州で7番目に高い山されど手ごわし!!
「九重連山を全部登ろう!」と、意気込んでいたが、今回は目先を少し変えて表題の登山を楽しむこととなった。メンバーは4名。

私は10月18日(土)午前3時起床、準備にとりかかった。リュックの横にすべて準備していたので、簡単に済んだが、今回は1泊2日の山小屋泊り、9合目の山小屋で鍋料理をするので、冷蔵庫に入れていた野菜や豆腐、鳥のつみれ、だしのもとに調味料などすべて準備をして午前4時00分駐車場で仲間を待った。T君がやってきた。パワフルで判断力があり常に冷静であるT君は、今度の山に欠かせない人である。次にK君を迎えに行く。K君はいつもの相棒である。登山口でコーヒーを飲もうとサイフォンまで持って行く彼は、B型だからか結構何でもこだわる。

3人になったメンバーは、九州自動車道の基山SAへ向う。車内で、K君が「予定していた北谷登山道ではなく神原(こうばる)コースに変更しよう」と言い出した。「どう考えても登り易そうだ」が理由。北谷登山口はいろいろ調べ尽くしていたが、急に神原登山口といっても容易じゃない。反対はしたもののK君の意思は固い。しぶしぶ同意した。


基山SAに着くとA君も待っていた。とうとう私たちは熊本方面に行かず、大分自動車道の玖珠IC経由に変更することになった。未知の登山道を求めて神原へ。小国AM6時30分沿道で朝食にする。丁度夜明けで山の稜線が綺麗。出発から137㎞。この辺りからやっぱり北谷が良かったのではないか?と不安になりだす。尋ねる事4回、なかなか登山口に届かない。「あっ鹿がいる。」天然記念物のニホンカモシカだったかも知れないが発見した。「シカだけにもシカしたら」と思いきやAM8時35分登山口に到着。

IMG_0439.jpg


すでに5~6台の車があった。10台は駐車できる。きれいなトイレもあって整備してある。K君は自慢のサイフォンでコーヒーの準備を始める。森の中のコーヒーは実にうまい。もう少し飲みたかったが、あきらめることにする。いよいよ登山開始!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoukodou.blog111.fc2.com/tb.php/111-4df731cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。