FC2ブログ

げなげな ふるさと情報

福岡市西区周船寺で営む印刷会社、松古堂印刷です。 「~げな」とは糸島弁で「~らしい…」という意。 地域密着型企業ならではの近辺の情報を「げなげな」話として紹介していきます。

紙のサイズA判・B判

パソコンが普及し、規格のカット紙を購入する機会も増えてきました。
A4とかB5のサイズ。そもそもAとかBって何でしょう?


どちらもJIS規格で定めた紙の仕上サイズのことです。
A列は国際規格ですが、もともとドイツの規格でA0の大きさを面積1㎡、縦横比を1:√2と定めたもの。つまり1189㎜×841㎜の大きさです。このA0(A倍判)を半分に切ったサイズ594㎜×841㎜をA1(A全判)としてさらに半分にするとA2となります。図にすると…
紙のサイズ図


B列は日本独自のJIS規格で、江戸時代の美濃紙を基準に作られています。
B1(728×1030)を基準とすること以外はA判と同じ仕様です。
つまりB4サイズ(257×364)はB1の1/8の大きさで縦横比は1:√2。
面積はA判の1.5倍となります。


官公庁がB列を使用していた為、以前はB5、B4サイズが主流でしたが、グローバルスタンダードへの動き(?)なのでしょうか…今日では、A列を標準と定めている為、A4サイズが主流となっているようです。


個人的にはB5サイズだとチョット小さいのでA4サイズが丁度いい。
だけど、A4サイズに書ききれないときは、A3だと大きすぎるのでB4サイズ1枚にまとめたい…って感じでしょうか?


新聞に折り込むチラシのサイズはB4がぴったりですし、
「A・B判ともケースバイケースで使い分ける」
これがまさに日本的なキメ細かさのような気もします。


ただ、いろんな規格が混在するとファイリングには苦労しますよね。
大きなポスターを作りたいときは、手元にあるA4サイズの紙を並べてみて、4枚分(A2)の大きさとか、8枚分(A1)の大きさというようにすると、現物の大きさがわかってイメージがわきやすいですよ。


(ペンネーム:だんぺいくん)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoukodou.blog111.fc2.com/tb.php/30-81e84a64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)